3. ボールをカメラで追いかけよう

カメラにもスクリプトを追加しよう

カメラがプレーヤーに追従するスクリプトを書いてみよう

変数を宣言する際にpublic GameObject playerのように、頭にpublicを追記すると、Unityエディタから値を見ることができるようになります。 publicな変数とする事で、Unityエディタからドラッグアンドドロップでゲームオブジェクトを登録する事がれきるようになります。

また、ゲーム開始時のカメラとプレーヤーの位置関係をoffsetという変数を作成して保持するようにし、それを元に毎フレームのカメラの位置を算出して、移動させましょう。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
public class CameraScript : MonoBehaviour
{
    //追いかけるターゲット
    public GameObject player;

    //自分とターゲットの座標の差分
    private Vector3 offset;

    void Start()
    {
        //自分とターゲットの座標の差分をメモする
        offset = transform.position - player.transform.position;
    }

    void Update()
    {
        //ターゲットの座標に、差分を追加した座標にカメラを移動させる
        transform.position = player.transform.position + offset;
    }
}

4. 迷路を作成しよう