1. ステージを作成しよう

要素を配置してステージを作成する

PlaneやSphereなどの要素を配置して、ステージを作成していきます。

Planeを配置する

HierarchyウィンドウからCreate > 3D Object > PlaneでPlaneを配置します。

配置されたPlaneはHierarchyウィンドウに追加されると同時にSceneビューにも表示されます。

床として使用するので、HierarchyウィンドウのPlaneをダブルクリックして名前をFloorに変更しておきましょう。

HierarchyウィンドウのPlaneを選択すると、Inspectorウィンドウに紐づけられているコンポーネントやマテリアルなどが表示されます。

Transformの値を確認して、Position0,0,0に変更しましょう。

Sphereを配置する

次はPlane同様にSphereを配置します。 HierarchyウィンドウからCreate > 3D Object > SphereでSphereを配置する事が可能です。

配置されたPlaneはHierarchyウィンドウに追加されると同時にSceneビューにも表示されます。 移動ツールを使用してちょっと床から浮かせておきましょう。

ボールとして使用するので、HierarchyウィンドウのSphereをダブルクリックして名前をBallに変更しておきましょう。

HierarchyウィンドウのSphereを選択すると、Inspectorウィンドウに紐づけられているコンポーネントやマテリアルなどが表示されます。

Transformの値を確認して、PositionYが若干浮いた位置に指定されている事を確認しましょう。Sceneビューからだけでなく、こちらから移動させる事も可能です。

Materialを作成、アタッチする

次に配置した要素にマテリアルを追加します。 デフォルトではDefault-Materialというものが設定されていますが、ここでは新規で新しく追加してみます。 ProjectウィンドウからCreate > Materialで新規Materialを作成します。

作成したマテリアルはProjectウィンドウにアイコンが配置されます。 先ずは床のマテリアルを作るので名前をFloorMaterialとしておきましょう。

ProjectウィンドウのFloorMaterialを選択するとInspectorウィンドウにマテリアルの値が表示されます。Main Maps > Albedoの色を変更してみましょう。

次にHierarchyウィンドウの床のオブジェクトFloorを選択します。 Inspectorウィンドウの表示がマテリアルからFloorオブジェクトの内容に変わりました。

Inspectorウィンドウの中でMesh Rendererを探しマテリアルを設定します。 Mesh Renderer > Materials > Element0 > 右の○で使用できるマテリアル一覧のウィンドウが開きます。

先ほど作成したマテリアル、FloorMaterialを選択します。

Floorの色が変更された事がSceneビューで確認できます。

Ballの方にも同様にマテリアルを設定してみましょう。

プロジェクトウィンドウを整理する

ステージを作成したら、Projectウィンドウに要素が増えて煩雑になってきますので、都度整理するよう心がけましょう。

ProjectウィンドウのCreate > Folderでフォルダを作成できるので、その中に格納していきます。

フォルダの例:

名前 入れる要素
Scenes/ シーンファイル
Materials/ マテリアルファイル
Imports/ アセットなど、外部からインポートしたファイル
Script/ C#のプログラムファイル

2. ボールを転がそう