5. タイムラインを使用して会話シーンを作成しよう

会話用の素材を配置しよう

次にタイムラインの機能を使用して会話シーンを作成してみましょう。

まずCmd + Nで新たにシーンを作成し、保存します。 そこに会話シーンに必要な要素、キャラクター、セリフ表示用のUI、次へ進むボタンを配置していきます。

キャラクターアニメーションはもちろん自分でアニメーションを作成したものを使用しても大丈夫ですし、アセットストアから探してくる場合にはテクスチャ&マテリアル > 2Dキャラクターなどのカテゴリから複数の動きを持っているアセットを探して来ましょう。

ここではAngie - Fashion 2D Female Sprites + Animations - Complete Packというアセットを使用します。 余裕があれば2D Costume Characterなどのパーツごとに分かれている素材を利用して、自分でキャラクターアニメーションを作成するのも面白いかと思います。

  • キャラクター
  • セリフ表示用のUI
  • 次へ進むボタン

を配置してみましょう。

タイムラインを作成しよう

タイムラインはまずProjectウィンドウ上で作成します。 Create > Timelineで新規タイムラインを作成し、このタイムラインに名前をつけましょう。

タイムラインをHierarchyに配置しよう

次に、今作成したタイムラインをProjectウィンドウからHierarchyウィンドウに配置し、タイムラインオブジェクトの中に、動かしたい要素をドラッグドロップして入れ子に配置します。

タイムラインウィンドウを開こう

タイムラインのウィンドウはメインメニューのWindow > Timelineで開く事ができます。

Sceneビューと一緒に見れると操作がしやすいのでGameビューのタブの横などに格納すると編集がしやすくなるのでオススメです。

タイムラインに操作したいキャラクターのアニメーショントラックを追加しよう

アニメーションは左上のAddボタンから追加する事が可能です。

まず初めに、ここではアニメーターに入っているアニメーションクリップをタイムライン上で切り替えて操作したいので、Add > Animation Trackを選択して、アニメーションのトラックを作成します。

作成されたトラックにはアニメーターが割り当てられていませんので、Noneの部分をクリックして操作したいキャラクターを追加しましょう。

タイムライン上にアニメーションクリップを並べていこう

次にタイムライン上で右クリックをして出てくるメニューからAdd From Animation Clipをクリックすると配置したいアニメーションクリップを選ぶ事ができるようになります。 時間軸に合わせて動作させたいアニメーションクリップを配置していきましょう。

タイムラインに要素を表示したり消したりできるアクティベーショントラックを追加しよう

次はタイムラインに要素を表示したり消したりできるアクティベーショントラックを追加してみましょう。 Add > Activation Trackを選択すると新たなタイムラインを追加する事ができます。 追加されたタイムラインに配置したいゲームオブジェクトを設定しましょう。

タイムラインに表示されているバーが出ている間はゲームオブジェクトがアクティブになりますので、必要な時間に必要な要素が表示されるよう調整していきましょう。

タイムラインウィンドウの右上のギアアイコンからSecondを選択するとタイムラインを秒数で管理する事ができるようになります。

また、Hierarchyウィンドウ上でタイムラインのゲームオブジェクトを選択した状態でInspectorウィンドウに表示されるタイムラインのコンポーネントの設定、Wrap ModeHoldに変更しておくとタイムラインが再生された後、最後のフレームで静止してくれるようになります。 再生後に最初のフレームに戻って欲しくない今回のようなタイムラインの使い方をする場合には、こちらを設定しておきましょう。


試してみよう
  • フィールド画面と文脈が繋がるようなセリフのイベントを作成してみよう
  • Audio Trackを使用して、特定のタイミングで音がでるようにしてみましょう