1. タイルマップでフィールドを作成しよう

素材を用意しよう

まずは要素を配置してフィールドを作成します。 素材が手元に無い場合にはアセットストアなどで良さそうなアセットを探してきましょう。

画像の設定を変更しよう

タイルマップに使用する画像は下記の設定が必要です。

  • Texture TypeをSprite(2D and UI)
  • Sprite ModeをMultiple
  • Pixel Per Unitを画像に合わせた値に
  • Filter ModeをPoint(no filter)
  • 最後にApplyで保存します

タイルマップウィンドウを開こう

メインメニューからWindow > Tile Paletteで開きます。

タイルマップは

  1. Tile Paletteを作成する
  2. Tile Assetを作成する
  3. 実際に使用するタイルマップを作成する

の3つの工程を行う事で利用する事が可能です。

1 - Tile Paletteを作成する

Create New Paletteから新しいパレットを作成する事ができます。

2 - Tile Assetを作成する

先ほど作成したTile Paletteにタイルマップに使用したい画像をドラッグ&ドロップします。

3 - 実際に使用するタイルマップを作成する

HierarchyウィンドウからCreate > 2D Object > Tilemapでシーンに実際にステージで利用するタイルマップを配置する事ができます。

あとはTile Palette上でツールのブラシを選択し、Sceneビュー上で配置したいマスをクリックしたりドラッグしたりしてマップを描いていきましょう。