SEを鳴らす

音素材を用意しよう

Unityではアセットとしてmp3やwav、aiffなどの様々なフォーマットのファイルが使用できるようになっています。 まず最初に効果音として使用できるデータを用意しましょう。

音を鳴らすオブジェクトを配置しよう

次にスクリプトをアタッチするオブジェクトを配置します。 GameObjectのままだと後から探しにくくなるので、名前をSoundと変更しておきましょう。

配置したオブジェクトにAudio Sourceコンポーネントを追加し、AudioClipの項目に用意した音源を選択します。

最後に、初期設定のままだとゲーム開始と同時に音がなってしまうので、Play On Awakeのチェックを外しておきましょう。

音を鳴らすクリプトを作ろう

サンプルとしてスペースキーを押したタイミングで音を鳴らすスクリプトを記述してみましょう。

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
public class SoundScript : MonoBehaviour {

	void Update () {

        //スペースキーを押した時に音を鳴らす
        if(Input.GetKeyDown(KeyCode.Space)) {

            //オーディオソースを呼び出す
            AudioSource se = GetComponent<AudioSource>();

            //オーディオソースを再生する
            se.PlayOneShot(se.clip);
        }
	}
}

これで再生して、Spaceキーを押すと音が鳴るようになりました。