RectTransformのレイアウトについて

Anchorsについて

Anchorsは親の要素のサイズとの比較からサイズや位置を調整します。

MinXY(0.5,0.5), MaxXY(0.5,0.5) MinXY(0,0), MaxXY(0.5,0.5) MinXY(0,0), MaxXY(1,1)

値を変化させると画像の三角の羽のようなアイコンの部分の位置が変わります。

MinとMaxのX値、またはY値がそれぞれ同じ値の場合にはPosXとWidth/PosYとHeightが設定できます。 MinとMaxのX値、またはY値がそれぞれ別の場合にはLeftとRight/TopとBottomが設定できるようになります。 この値によって 座標と大きさを指定 するか、左右/上下からの距離を指定 するかが変わってきます。

Anchor Presetsを利用する

左上の四角いグリッド状のアイコン、Anchor Presetsを利用すると、前述の値を考えなくても直感的に指定することが可能です。 Anchor Presetsをクリックして変更するとAnchorsのMin/Maxの値はそれぞれ自動でそのレイアウトに対応した値に変更されます。

Pivotについて

Pivotは要素の中心点がどこにあるかを設定します。

Pivot(11) Pivot(0.50.5) Pivot(0,0)

値は0-1の値が入り、この値によって配置されている要素が座標に対してどこを中心に扱うかが変わります。 座標は左下が起点になっていて、X座標の値は左から右へ0-1で、Y座標は下から上に0-1で、それぞれ設定できます。