プロジェクトの渡し方

授業中わからない事があった時や、誰かにプロジェクトを渡す必要があル場合、プロジェクトを .unitypackage の拡張子の形式でひとまとめにしてエクスポートする事が可能です。

プロジェクトを書き出そう

やり方は簡単でプロジェクトウィンドウの Assets フォルダを右クリックして、出てくるメニューから Export Package... を選択するだけです。

このようにプロジェクトフォルダのルートディレクトリにパッケージが書き出されます。 ファイル名には書き出した日付と自分の名前などを入れておくと、自分でも管理がしやすく、相手も探しやすくなります。

ファイルの送付

あとはファイルを送ります。 ファイルの容量によっては Slack の容量や相手のメールボックスの容量に負担をかけてしまうので、 自分の GoogleDrive や Dropbox に入れて共有 URL をシェアするか、GigaFile 便などのデータ転送サービスを利用して相手に送付しましょう。