変数

変数とは

変数は何かの値を記憶しておく事ができる便利な領域の事で、 変数の名前と型を指定する事を変数を宣言する、と言います。

1
string str = "文字列が入っています";

このプログラムは下記のようになっています。

  • stringが変数の中身に何がはいっているかという説明。型と呼ばれるものであらかじめ決まったいくつかのものが入ります。次の項で詳しく説明します。
  • strは今宣言した変数につけた名前。(いくつかの禁止されている文字列以外で)自由に名前をつける事ができます。
  • =は演算子と呼ばれるもので、式の左と右の関係を示しています。
  • "文字列が入っています"は変数の中身を指定しています。宣言した型によって入る内容が異なりますが、型のルールに従った内容を自由に入れ変えする事ができます。
  • 行の末尾には必ず;が入ります。

変数の中身を入れ替えてみよう

最初に普通に変数を宣言します。

1
2
string str = "文字列が入っています";
print(str);

プログラムの中ですでに宣言をした変数を使用する場合には、型の指定する必要はありません。

1
2
str = "中身を入れ替えたよ";
print(str);

また、プログラムの中ですでに同じ名前の変数の宣言をしている場合には、同じ名前の変数を宣言する事はできません。

1
2
3
4
string str = "文字列が入っています";
print(str);

string str = "新しい変数を宣言してみたよ"; //エラーになる